Empathemian, ナラの林

精神ってどこにありますか?

グレゴリー・ベイトソンはこう言います。

「精神とは、相互作用する構成要素の集まりである。
物事の関係、相互作用の連続が、精神である。
世界は、結びあわせるパターンのことである。
パターン同士が結びあって、パターン間のパターンができる。」

精神は、人間の頭の中にあるのではない、と言われるとはじめ驚きますね。
でも実は、人間の心(mind)は、人間の外側にある自然界が映し出されているのです。

ベイトソンは、人間だけが、精神的に生きているのではない、とも言います。
植物も、じぶんの物語をつくって生きている。

セコイヤの森も、イソギンチャクも、何らかの形で物語をつくる素材からなっている。
そのように考えたら、まわりの世界に、親しみが感じられてきます。

私たちは、「人間が」という、自分中心的なものの見方に慣れています。

でも、人間だけが、世界を見ているわけではないのです。
それどころか、人間の目に見えないものは切り捨てているわけですから。
見る前に、見えなくなっていることばかりかもしれません。

アニマル(animal)ということばは、もともと、動物のことではなく、「こころ(アニムス)を授かった」 という意味でした。
すべての生きものが、アニマルです。
いえ、すべてのものごとが結びあい、関わっている世界そのものが、精神なのです。

ベイトソンは、言います。

「現在がいかにして未来につながっていくかについて、われわれの知識はあまりにも貧弱である。」

私たちには、「しぜんに共感できる」という力があります。
本当は、なにもむずかしいことはありません。
なんでもじぶん中心にみることを、いったん忘れれば、おなじ世界ががらりとちがって見えてくるはずです。

You can always see things differently.(いつだって、見方を変えることはできる)

「環境が心に映っている!」

「包む世界全体が魂」

「見えるものをしっかり見よう」

「じぶんとは、環境も全部ひっくるめて、じぶん。」

出典・参照: グレゴリー・ベイトソン『精神と自然』

グレゴリー・ベイトソン