Empathemian, ナラの林

グレゴリー・ベイトソンはこう言います。

知と思考をつかさどる<マインド>というものに、思考する人間の外側にある自然界の大きな部分、数多くの部分が映し出されている。

動物的ーアニマルということばは、本来、こころーアニムスを授かった、という意味でした。

精神とは、相互作用する構成要素の集まりである。

世界は、結びあわせるパターンのことである。パターン同士が結びあって、パターン間のパターンができる。

物事の関係、相互作用の連続が、精神である。 人間の頭の中にあるのではない、と言われるとはじめ驚きますね。 でも、物語で考えるということは、なにも人間の精神だけではなく、セコイヤの森も、イソギンチャクも、何らかの形で物語をつくる素材からなっているはず。そう考えたら、世界がもっと親しく感じられるのではないでしょうか。

「人間が」とか「私が」という「自分中心」の認識の仕方では、人間に見えないものはすべて切り捨てられてしまいます。見る前に、見えなくなっている。

現在がいかにして未来につながっていくかについて、われわれの知識はあまりにも貧弱である。

共感できる力から見えるもの。それをはじまりにすると、切り捨てられているものがいかにたくさんあるか、よくわかるとベイトソンは語るのです。

出典:グレゴリー・ベイトソン『精神と自然』