Empathemian, Picchetti Open Preserve

浜までは海女も蓑着る時雨かな
(浜までは あまも みの きる しぐれかな)
江戸時代の俳人・滝瓢水(たきひょうすい)の読んだ一句です。

これから海に潜る海女さんが浜を歩く光景。 雨に濡れないように、蓑を着ているのです。
これから海に入るのですから、すぐ身体は濡れてしまいます。どうせ濡れるのに蓑を着るなんて。

この俳句に映し出されている光景は、それでもじぶんの身体をいたわる海女さんの姿に、一瞬 ハッとしたこと、そしてじんわりと、共感のまなざしを抱いた様子です。

「どうせ濡れるんだから」じゃないんだな。 このわずかなひとときに、じぶんは海女さんの気持ちになった。

生きていくことも、これとおなじことなのだー
海女さんはきっと、そんなことを考えて歩いているのではないだろう。いつも、そのようにしているから、身についている。

考えてふるまうことはできない。
だから、蓑を着る海女さんのようでありたい。
何の変哲もないような、ひとときのじかんに、共感の素があるー

小さく、ていねいにふるまう時に生まれる心。

遠くから、やさしくみまもる時に生まれる心。

出典:滝瓢水・宝蔵寺の句碑より