Empathemian 『Don’t take the sun for granted』


じバリア ① 「しようと思っていることができない」の裏側には、もうひとつ、隠れたバリアがあります。

それは、「しないでいいこと」をやっているじぶん自身に、ふだん、気がつかないままでいることです。

 じバリア ②「やらない方がいいことを、している」

何かをはじめても、どこかで続かなくなる「現場」を想像してみましょう。

「しようと思っていたことを、しなくなる」時、いったい、何が起きているのでしょうか?

● 他のことで、時間を埋めている
● 他のことで、場所を埋めている
● 他のことに、身体を動かしている
● そのことに、気がつかない

あたりまえのように聞こえるかもしれません。
でも、やらないほうがよいことによって、やろうと決めたことが追い出されてしまう現象が、かならず起きています。
じバリアは、①②が表裏一体のセットになっているのです。

なぜ、ふだん、気がつかないのでしょうか?

それは、私たちが、日常のものごとのほとんどを「あたりまえ」に受けとめているからです。
ふだん、水も、空気も、太陽の光も、あたりまえすぎて、何も特別には思いませんね。
じぶんの身体が自由に動くことも、その身体を動かして時間を使っていることも、考えることはありません。
考えないことに慣れているからです。

私たちの心は「損」することに、とても敏感だといいました。
何も失っていないのに、得をしないだけで、損だと感じることさえ、あります。

思いあたることがありますか?

何でも手に入れること、じぶんが得をすることが、あたりまえの心になっているからです。
気づかぬうちに、私たちは「あたりまえに」に慣れすぎているのです。

自意識がいけないのではありません。
また、いちいちすべてのものごとを気にかけて暮らすことはできません。
生きて暮らすことは、気づかぬ「あたりまえ」を生み出すことなのです。

気づきのバランス

損得の目的だけがじぶんの心の中心にあると、じぶん自身の姿勢やふるまいに気づかなくなります。
「あたりまえ」になれすぎて、気づくためのバランスがないからです。

それならば、すべきことの優先順位をつければ、解決するのでは?

そのように考えるかもしれませんね。
たしかに、優先順位をつけることで、効率的なやりくりはできるかもしれません。
でも、「あたりまえ」になれている状態、つまり、気づきにくい状態は変わらないままです。

では、どうしたら「何でもあたりまえ」に受け取らないようになれるのでしょう?

雨が降れば、「晴れ」に気づきます。
病気になれば、「健康」に気づきます。
相対すること(反対のこと)を想像すれば、「あたりまえではないこと」に気づきます。

ものごとに気づくことに、少しもむずかしいことはありません。
そのように感じられるための、プラクティスをしていないだけなのです。

私たちは、じぶんの存在の「あたりまえ」に慣れすぎています。
「あたりまえ」が定着すると「無関心」になってしまいます。

「じバリアをはずす」とは、「あたりまえ」に思っている気持ちをやわらげる瞬間をつくることです。

日常のすべてを変えようとすることではありません(できません)。
「あたりまえ」をすべてなくすことではありません(なくなりません)。

でも、損得中心のじぶん自身の心に、気づくチャンスはいくらでもあります。

ほんの、ひと呼吸のをつくることで、できるのです。
じぶんから、小さなプラクティスに関わることです。

「習慣:いちばん肝心なこと ⑤ じバリアをはずす」へ

「習慣:いちばん肝心なこと ③ じバリアに気づく」へもどる

出典:『毎プラガイド』