Empathemian『エンパシームのアプリと、たなと』

「何をやるにも、時間がない。目的意識を持ち、計画を立て、時間をもっとうまく管理しなくては!」

忙しく、スケジュールいっぱいの毎日。ふだん、そんなふうに思っていますよね。しかし、時間を管理するとは、一体、どういうことでしょうか。時間は、管理するどころか、直接何かできる対象ではないですね。

トニー・シュワルツさんは、こう言います。

It’s not time. It’s energy.
「時間管理ではなくて、自分のエネルギーの活用。
個人でも組織でも、手持ちの力を使えるかどうか。」

手持ちの力とは、 身体の健康、感情や意識の力です。ただ、そのような精神的なエネルギーはうまく管理できるのでしょうか?気分がのらないと、やる気はおきず、物事は思うようには進みません。意識してコントロールできることにも限界があります。

突きつめていくと、自分自身と関わる練習をするというところに行き着きます。自分中心の価値判断を忘れるひと時を持つことです。その状態をマインドフル (mindful)と呼びます。ただし、「10分でマインドフルになるぞー」といった意識ではありません。ゆっくりと、その場に委ねて、じぶんの素顔にむきあうことです。

シュワルツさんはこう説きます。
「自分にとって、大切なことや信念を確認するための、静かな内省こそ最重要。その小さな「儀式」をもつことだ。自分にむけて、大切な「ひとこと」を語ったり、手紙を書いたりする精神のふるまいが、身体、感情、意識のエネルギーを束ね、支えてくれる。」

そのような「じぶん環境」にいざない、ガイドしてくれるような手助け。それが、「エンパシーム」です。伴走のように、いっしょに作法をしてくれる友。静かにすわれば、自然に間(ま)ができ、ひとつの自然な流れができます。

I am fully engaged.

身をもって、関わっている。

じぶん自身、まわりの空気もふくめた「じぶん環境」にしっかり関わることです。

出典:Jim Loehr and Tony Schwartz『The Power of Full Engagement』
『英プラ』 トレイル1 (1) I am fully engaged. (20) It’s energy.!