無意識の縁を広げる

日常のほとんどは「無意識」です。無意識は「意識がない」ことではありません。意識も無意識も、環境と相互に作用しあう身体の働きであり、そのあらわれです。刻々と変化する状態の全部をあわせて「心」と呼びます。エンパシームには、意識と無意識の境目の、身体行為の縁を写し、プラクティスに利用するための「じぶんのピース」です。

身をもってつくる、じぶん情報

エンパシームは、姿勢の鏡。じぶん自身とのコミュニケーションを映し出す「じぶん情報」です。「姿勢の鏡」とは、身をもって、じぶんの後ろ姿を写すこと。エンパシームは、じぶんが親身になって関わる他者とわかちあう場をつくります。人の痛みをわかる、受け身の心、共感の心、ありのままを受け入れる姿が写る、オリジナルのじぶん情報です。

Do it with passion.(心をこめて)