忘れることを忘れている

外山滋比古さんは、「忘却の効用」について説きます。

「知識と思考の量は反比例する。知識がありすぎると、考えない。また、創造力に欠ける。われわれは、情報過多で知的メタボになっている。

物事に時間をかけるのは、忘却の働きを促すということ。それが不要、不純、余計なものを洗い流す。

忘れて忘れて、忘れきれなかったものが思い出。