One and the same

The way up and down are one and the same.

ギリシャの哲人・ヘラクレイトスのことば。

それを、英語の声のことばにして言ってみます。
The way up and downをひとつのフレーズ、
one and the same をひとつのフレーズにして、あいだにほんのひと息いれてみましょう。

道は上りも下りも、ひとつでおなじもの。

なんだか、あたりまえじゃない?

みんな、おなじ。

ん?どうしたんだろう?
前に並んでいた女性が、突然、泣き出しました。何かの思いが込み上げてきたのでしょう。

ある夕方の、地元スーパーのレジにて。
私の番は次。ぼんやりと、あたりを眺めていただけなので、はじめ、何が起こったのか、よくわかりませんでした。

すると、レジの女性がカウンターから出てきて、すぐさま、その中年女性をギュッと抱きしめたのです。
It’s OK (いいのよ)