「気づくじぶん」に変わる

毎プラは、毎日のルーティンをつくります。

静かに、円を描き、流れにゆだねて。

声をカタチにして、ココロを働かせると、

数分のじかんがチカラに変わります。

ふりかえるひと時をエンパシームに。

やわらぐじぶんへ。

思いこみに気づくじぶんへ。

ひらめきをうるじぶんへ。

周りの世界とつながりをつくり、

じぶんが変わるプラクティス。

毎プラ絵図

ちびく –

 静かに、心を落ち着ける

かづく –

 手本に、近づける

だねる –

 ゆだねて、声をカタチに

りかえす –

 じぶんの声を聞く

りだす –

 ふりかえって書く

いてみる –

 じぶんにたずねる

りそう –

 人のことばによりそう

 

「み・ち・ゆ・く・と・き・よ」
毎日、ふりかえる習慣をつくります。
声のタネ(シード)を育てましょう。
あなた自身の、道をゆく時。
まだ知らない未知のじぶんにむかって。
エンパシームが寄りそい、ガイドします。
毎プラトレイルをご利用ください。

参加申し込み

クラウドファンディング プロジェクト 終了しました。ご支援ありがとうございました。

現在、参加者の募集準備をしています。詳しい時期などは、こちらからお問い合わせください。

クラウドファンディングの活動詳細は、以下からご覧になれます。

 

kibidango_logo

エンパレット コンテンツ紹介

エンパレットは、ものごとの見え方が変わるような、きっかけをつくるツールです。
思い込みに気づくヒント、じぶんとのつながりをつくる、短いストーリーのリソースとしてご活用になれます。
600を超えるライブラリーからご紹介します。エンパレットページ、ガイドの毎プラてびきもご利用ください。

ゆだねるチカラ [心はひらく]

セラピストのユリコさんは、こう言います。「求めないことです。じぶんを苦しめているのは、求めすぎていることに気づかないから。じぶんで決めつけないで、ゆだねることで、心がひらくのだと思います。」私たちには、ゆだねる、というチカラがあります。じぶんの心と戦わないでいいのです。ひと息の声を出すことで、そのチカラが使えます。

Let it go – あゐてにふすいま(相手にゆだねて)

詳細をみる

自己をならふというは自己をわするるなり④ [相手を思う心と親切なふるまい]

「自己を忘れる」は忘れる話というより、むしろ、忘れる体験を思い出すことです。端的に言うと自然に親しむことです。正法眼蔵には、親しむということばがたくさん出てきます。例えば「山河の親切」。共感的な想像を英語でempathy(エンパシー)と言います。相手を思いやる状態、親しくふるまう行為が「自己を忘れる」修養になるのです。

詳細をみる

想像の空間を生きている [ふだんすっかり忘れている]

映画監督 デイビット・リンチさんのことばも、芥川龍之介『藪の中』も、大切なことを思い出させてくれます。私たちは、つねに想像の空間を生きているということ。ふだんはすっかり忘れています。真実は語りきれないもの。たったのひとつの真実というものは、ない。そのように捉え、表現によって想像が湧き起こる時に、ハッと気づくのです。

It’s up to you.(じぶんで感じるように)

詳細をみる

毎プラを申込むと?

じぶんもプラクティスのしくみの一部になる

世の中には数えきれないほど、よい習慣づくりの教本があります。とてもよいことが書かれています。が、なかなか続きません。なぜでしょうか?

実は、思いや意思だけでは、続かないのです。自然に続くような「しくみ」がだんだんできてくるような、手助けと環境がいります。習慣は、つくろう、がんばろうという意識でつくるのではなく、小さなプラクティスが毎日つながり、路のようになって続いていく、そのプロセスが習慣になります。そして、じぶん自身が、小さなプラクティスが続いていくしくみの一部になることです。

 

実際にプラクティスする環境を提供

何を身につけるせよ、すべての習慣づくりに共通することがあります。書かれたものを読むだけではなく、実際に身体を動かしてやってみることです。はじめはやればできることと思っていても、次第に続く力が衰えていきます。毎プラは、小さなプラクティスの場、道具、方法を集約し、また、人と助けあえる環境を提供します。

みちゆくときよ ステップ挿絵

毎日のプラクティスは、ミニマル5分

毎プラは、テクノロジーに満ちあふれた現代生活の中で、あなたのミニマルな、1日5分と身のまわりの環境を活かします。

ミニマルとは、ただ短いという意味ではありません。いちばん肝心なことだけに限る、そこに集中する、という意味です。

プラクティスのエッセンスは、小さなくりかえしと、ふりかえりです。
なんどもくりかえす体験と、それをふりかえる実感。そしてそれをわかちあえって自覚できること。

むずかしく考えることは、ひとつもありません。
目的や結果を考えるすぎると自意識が過剰にはたらいて、プラクティスの持続が損なわれます。そうではなく、流れに委ねることです。

エンパシームは、自然な流れで間をつくり、1日の循環にします。それが続いていくように工夫された発明特許です。
あなたの小さなプラクティスが、身近な世界に役立ち、世界をつなぎます。

 

メソッド「みちゆくときよ」に委ねて

エンパシームアプリをダウンロードし、あなたのアカウントを申し込んでください。

ガイドにしたがって、ためしてみてください。
気を楽にして、静かにすわると、自然にはじまります。