Empathemian『じバリアと4つの窓』

昨日のエンパレット「身につける③見えないルール」では、ゴールデンルールばかりでなく、 シルバールールも大切という話をしました。

その先を考えてみます。挿絵の図を見てください。(注1)

縦軸(じぶん・相手)、横軸(する・しない)を組みあわせてできた4つの窓。

①の窓、②の窓だけではなく、その下に③の窓と④の窓があります。

③④に気がつかないのは、なぜでしょうか?

人に対してどうふるまうかを考えるあまり、じぶんのことを忘れているからです。
実は、人のことを先に考えているようでも、それはじぶん中心の発想なのです。

①も②も、じぶんの感情と思考を、相手に対する行動基準にしています。
このように言うと意外に感じるでしょう。
そこで挿絵のような、反転させた視点をもつと、そのことがわかりやすくなります。

③は、ゴールデンルールの奥の窓。(相手にしてあげたいと思うことは、じぶんにもする)

相手は、人でなくても、たとえば、花でもよいのです。
花に水をあたえたくなる気持ちを思い出してください。
おなじように、じぶんの身体にもやさしくしてあげることです。

④は、シルバールールの奥の窓。(相手に対してしないことは、じぶんにもしない)

ふだん、こんなふうに思っているのかもしれません。
じぶんのことは、じぶんの勝手。
だから、じぶんの身心へも無理を押しつけたりします。
④は、じぶんの身体を心を労ったり、じぶんにも配慮をすることです。

窓の存在に気づくことからです。

①よりも②が気がつきにくい。

②よりも③が気がつきにくい。

③よりも④が気がつきにくい。

じつは、これは「じバリアの窓」なのです。(注2)

「じぶんが何かをすること」を中心に考える毎日の生活。
本来一緒にあるはずのことに、気がつかなくなっています。

気づかぬうちに、じぶん発、じぶん中心になり、
じぶんの目的達成、じぶんの正しさのほうばかりに気を取られてます。
それは実は、じぶん自身を忘れていることに他なりません。

時々、4つの窓のことを思い浮かべるだけでよいのです。
窓をあけて、新鮮な風を入れるように、発想をいれかえてみましょう。

窓をあけるときのことばを添えて。

Open up your heart. (心をひらいて)

Be humble. (じぶんにも謙虚に)

Open all four windows. (4つの窓をみんなあけよう)

「身につける③見えないルール」

出典・参照: 英プラトレイル 2 (46) Open up your heart.

(注1)「窓をひとつ、あけよう」の「ジョハリの窓」に着想を得たものです。
ふだん、閉まったままの窓がある、ということさえ知っていれば、あとは時々、思い出すだけです。

(注2)「じバリアに気づく」

じぶん発・じぶん中心の意識が、じぶん自身のバリアになっていることに気づき、
それを和らげたり、とりはずしたりするプラクティスについて、エンパレットがつながっています。