Empathemian『Practice Mental Subtraction』

大切なことほど、忘れてしまうもの。

私たちは、日常のものごとにすぐ慣れてしまい、ほとんどのことをあたりまえのように思って暮らしています。
慣れることも、忘れてることも、自然なことなのですが、思い出す機会がないままに過ごしていると、気づかなくなっていきます。
それが「あたりまえフィルター」です。

それを、ときどき、はずすにはどうしたらよいでしょうか?

心の引き算です。

心の引き算?

・あたりまえではないことに気づくために
・ありがたい気持ちを思い出すために
・あることを、思い出す、思いうかべるプラクティス

どんなふうにやるのでしょう?

心の中で引き算をするのです。
引き算をするように、差し引いて考えること。
マイナス、つまり反対のことを思い浮かべること。

こんなふうにやってみましょう。

① 何かひとつ、よかったことを選んでください。

・仕事でうまくいったことでも、ちょっとうれしいことでも、なんでもよいです。

② そのことの発端をふりかえってください。

・そのことが起きた、いちばんはじめの出来事は何でしょうか?

・きっかけになったことを思い浮かべます。

③ もしその出来事がなかったら?

・別のことが起きていた、話はちがうことになっていた、と考えてみましょう。

・あの時、声をかけられなかったら、いまの状況はちがっていた、というふうに。

もしかしたら、それは:
ちょうどにわか雨が降りだして、気が変わったことだったかもしれません。
あるいは、電車にのりおくれたおかげだったかもしれません。
あるいは、だれかのひとことがきっかけになったのかもしれません。


Empathemian『Practice Mental Subtraction』

キーワードは、 What if?(もし〜だったら?)です。
キーとは、ドアのとびらを開けるようなカギのこと。
  あたりまえフィルターをはずす時の「心のとびら」をあけるカギです。

このひとことを身につけるのです。
いつでも、できます。

What if it didn’t happen.(もし、起きなかったら?)

Things might have turned out differently.(話はちがっていたかもしれない)

このようなプラクティスを Mental subtraction (心の引き算)と呼びます。

・いまあるものに対して、なかったとしたら、を想像すること

せっかくうまくいっていることについて、わざわざなぜ、そうではなかったことを考えるのでしょうか?

よいことを「あたりまえのこととして受けとる」ことは簡単です。
いえ、気づかぬうちに、そうしています。
あたりまえからはじまっているのです。
一方、その反対は、思っているよりずっとたいへんです。

「気づきが大切だ」といっても、一度もプラクティスしないことはできません。
「感謝の心」もおなじです。
本当に、ものごとに感謝する行為とは、具体的に言うと「それが起きなかったことを想像できること」です。
そして、それを声に出して、じぶんに聞こえるように言うことです。

感謝の気持ちとは、実は、このように具体的な「心の引き算」をしないと、たしかめられないものなのですね。

「おかげさまでの力」

「つみへらす」

出典・参照:『毎プラガイド』、Greater Good in Action

Greater Good in Action

Koo, M., Algoe, S. B., Wilson, T. D., & Gilbert, D. T. It’s a wonderful life: Mentally subtracting positive events improves people’s affective states, contrary to their affective forecasts. Journal of Personality and Social Psychology, 95(5)