Empathemian 『一回ずつ、歩む』

庭師の大野さんと、こんな会話がありました。

りっこう:こんにちは。ぼくも登りました。2度目です。
おおの:ああ、それはそれは。ありがとうございます。
り:ありがとう、といわれたのは初めてです。
お:今日でね、5,670回です。
り:えー?!ゴセンナナヒャクですか?
お:そうです。毎日登っていますから。
り:りゅうがい山のあの坂を毎日ですか!?
お:そうです。山頂から一望に見渡せますからね。
り:いつ登るんでしょう?
お:朝日を見て、夕日を見て。
り:1日2回登るんですか?
お:はい。カメラもってね。
り:はじめて登ったときのことは覚えてます?
お:昔から登ってたんだけどね、数え始めたんです。
り:じゃ、ほんとはもっとたくさん登っているんだ。
お:ええ、でも数え始めてからでいいんです。
り:1日も休まないんですね。
お:雨の日も、雪の日も、風の日も、雷の日も。
り:夏の暑さにも冬の寒さにも、負けずですね。
お:楽しいからね。
り:何がいちばん楽しいですか?
お:毎日景色がちがうことかな。
り:同じところに立って、同じものを見ても。
お:同じじゃありません。いつもすこし違います。
り:そんなに続けられる秘訣は?
お:そんなにとは感じないね。1回ずつだから。
り:一度も、途切れなしでしょう?
お:おかげさまでね、手足が動いてくれるから。

物事は、1回ずつ、つながっていく。

り:途切れるも、途切れないもなく、ですね。
お:今年中に、6,000回になりますよ、きっと。
り:数えるんですね。
お:数えるのも楽しい。

ひとつひとつが、ありがたい。