故梅田規子先生と「エンパシーム」を語らう
2016年2月20日、冨山房インターナショナルにて

「私が音声の研究は始めたのは昭和29年です。当時、音声という大気の波の複合体を、波長の違いに従って分析する機械は日本にはありませんでした。その後、ソノグラフというアメリカ製の音声分析機械が3台日本に輸入され、そのうちの1台が日本電信電話公社(NTTの全身)の研究所に備え付けられました。それが音声研究という分野の誕生です。

その音声研究の誕生と揺籃期に、私は独占的にその機械を使わせてもらい、一人で、こうだ、ああだ、と面白がって過ごしていました。研究のスタートから、私に何かを教えてくれる先生も、専門家も、先輩もいませんでした。何から何まで自分で試して発見して、理解していかなければなりませんでした。それは私の人生に大きな影響を与えました。素晴らしい先生に師事することは貴重なことですが、先生がいないということもまた、なかなかよいことだと思っています。」

この日、私は梅田先生に開発中の「えんろ」と「たなと」をご覧にいれ、先生の切りひらいた路が未来に続く夢を語った。先生は、詳しく内容を確認され、微笑んで、ひとこと、こう言われた。

やり続けることよ。

梅田先生の造語「声ことば」を、じぶんのふるまいで育つ、色粒の種(Seed)に見立てた。Seedは、共感素「エンパシーム」の中にあらわれる、細やかな震えや響きをもった大切な資源になる。直感的に味わったり観察したりして、自然にみずからをふり返り、たどって、そこに印をつけたり、書き言葉を添えたり、それを親身となってふれあう他者とわかちあうこともできる。声の中身や周辺の空気も記録になる。静かにゆっくりと「じぶん」を手入れする小さなひと時が、じぶんと人を勇気づける「しくみ」になる。

「じぶんという自然を素直に見つめる」ことが未来をひらくという梅田先生の思いに、エンパシームを捧ぐ。

追記:梅田先生が遺してくれた研究資料。そのダンボールの山の中に宝物があった。50年前の、たいへんな苦労が、いま『英プラ』でよみがえる。