Empthemian,:大和和尚さん

大和和尚さんは、このように説きます。

「古来、「ほとく」ということばがありました。こんがらがったヒモを「ほどく」と同じです。「ほとけ」とは、ほどかれた、安らかになった状態のことです。

仏教ということばは、仏の教えと書きますが、これは明治につくられた言い方で、それまでは「仏法」でした。長い間、仏法とよばれていたものが派生して、もっと広い範囲で解釈されたものの全体が仏教です。

日本は仏教国と言われますが、たくさんの宗派があります。無数の経典があり、また私たちの日常生活、文化・慣習に溶け込んでいます。仏教というと範囲が広く、とても複雑です。実は仏法は、冠婚葬祭や加持祈祷(おまじない)とは関係のないことなのです。
仏法とは、宇宙の真理です。また、その中で生きる人間が学び、実践するための智慧です。そして、人間のだれもが、苦を乗り越え、安らかに生きるようにやさしく説いた教えが、お釈迦様の教えです。

仏教ということばでは伝わらないエッセンスを、仏法ということばを使うことで、私たちにとって、いちばん大切なテーマの原点に立ち返ることができます。仏教ではなく、仏法です。

人間の問題とは何でしょうか。それは「生老病死」です。自分の思うようにはなりません。解決できないのです。だから、解決ではなく、克服(のりこえる)こと。どうしたら、それでも安らかになれるのか。

その智慧とは、この宇宙の、あらゆる存在に共感すること。そのように、じぶんをみちびくことです。」

安らかに生きるプラクティスのために。

まず、自意識を和らげる。小さなプラクティスからですね。何もしないで、できるようになるはずないですものね。考えてみると、なんのプラクティスもしないで、ただやみくもに願う、というのは、どこか変ですよね。

その時々、気を休める、じぶん自身の空気を和らげるプラクティスをすればよい。もしかしたら、それがすべてなのかもしれませんね。

ところで、和尚さんの「大和」は、「大きく和らぐ」と書くのですね。大きい、とは、小さなプラクティスがそのままつながっていくもの。そう思えば、力まずにできそうな気がします。

じぶんの空気をじぶんで和らげるプラクティス。

坂口大和(だいわ)仏法ニコニコサロン主宰・明徳寺住職との大和