一度の実感で

「もう、100万回聞いたよ!」「100万回言ってもわからないー」つい、こんな、大げさなセリフがでてきてしまうことはありませんか。

絵本『100万回生きた猫』より。

主人公の猫は、100万年、100万人の飼い主のもとで、100万回、死にます。

王様にはじまり、100万人の飼い主は、猫の死を悲しみましたが、猫は一度も悲しみませんでした。猫は誰よりも自分のことが好きだったからです。

いつでも会える

絵本『いつでも会える』の主人公、犬のシロは、大好きなミキちゃんと死に別れます。飼い犬を失って悲しむ話ではなく、犬が飼い主をなくして悲しむのです。

悲しみにくれるシロを呼ぶ、なつかしい声がします。

空にいるよ。
いつでも会える。
いまも これからも。
ずっと かわらない。