念ずる先にある日

クイズをひとつ。

人生には、二日、重要な日がある。

ひとつは、生まれた日。では、もうひとつは?

このふたつには、切っても切れない関係があります。ひとつめがあるから、ふたつめも「ありうる」のですが、それは未だ、訪れていない日かもしれません。

ふたつめの日が訪れたときに、ひとつめの日ができる、ともいえるのかもしれません。

生まれた日のことを覚えている人はいませんね。それなのに、あとから、さかのぼって、重要な日のひとつめとなるのは、ふたつめの日が、訪れるからです。

動機ではなく、抱負を大切に。

「モチベーションが上がらないなぁー。」
よく聞くことばですね。モチベーションを維持する努力、高めるスキル。何をするにも、モチベーションを持って頑張らないといけない、そう言われます。

その肝心な、モチベーション (motivation) とは?
外部から力を加えて、動くようにすることです。動機づけること。動かして、はたらき(機)を促すこと。

「じぶん」を炭火にたとえてみます。はじめ、外から火をつけることがモチベーションです。着火しても、じぶん自身が燃えないかぎり、消えてしまいますね。

モチベーションは、そもそも、減衰するもの。

みずからに語り、つづる。

ローマ皇帝であり、哲人であったマルクス・アウレリウスの『自省録』から。

英語では 『Meditations』(瞑想録)という題で知られる、ギリシャ語の原典は「自分自身へ語られたもの」という意味があります。

アウレリウスは、日々、静かにじぶん自身と対話をもち、自らに語り、自らにつづりました。

その日々の糧が「自省録』です。

じぶんの自然と、宇宙の自然とに従って、まっすぐな道を歩め。
これらふたつの道はひとつのものだ。

希いとドリル

「ドリル」と聞くと、何を思い浮かべますか?

電動ドリル?計算ドリル?マーチングバンドのドリル?防災・避難訓練のこともドリルと言います。
アメリカでは、トルネード(竜巻)ドリルもあります。

これらは、みな、おなじ「ドリル」です。電動ドリルは、小さな穴をあける工具ですね。
避難訓練は、火事や地震に備えて、避難する予行演習です。

共通点があります。それは、「一点集中」です。ドリルが一点に穴をあけるように、ひとつのテーマに絞り、繰り返し練習すること。
ドリルとは、一点集中の反復練習のことを言います。こんな諺があります。

雨だれ石を穿つうがつ