Empathemian 『One momnet』

ローマ皇帝であり、哲人であったマルクス・アウレリウスの『自省録』から。

英語では 『Meditations』(瞑想録)という題で知られる、ギリシャ語の原典は「自分自身へ語られたもの」という意味があります。

アウレリウスは、日々、静かにじぶん自身と対話をもち、自らに語り、自らにつづりました。

その日々の糧が『自省録』です。

Continue straight ahead.

Follow your own nature and universal nature.

These two have one and the same path.


じぶんの自然と、宇宙の自然とに従って、まっすぐな道を歩め。

これらふたつの道はひとつのものだ。

日々の内省とは、自己の分析ではなくて、「宇宙の自然、その法に一致して生きる」という希いを、念じて、生きるためのふるまいです。

声のことばでじぶん自身に語りかけ、ことばにつづって銘記したのです。

詩人・坂村真民のことばが響きます。

念ずれば花ひらく

坐すれば道ひらく。

念じるとは、ねがい、信じて続けることです。

共にある喜びに、じぶんを結びつけるふるまい。

静かに坐れば、大切なことばを声にし、そのことばをつづることができます。
身をもって、心をこめる、小さなじかんをつくることです。

「変化する自分を生きている」

「じぶんで選べる自由がある」

「ハーモニーとは、生きていること」

出典・参照:Marcus Aurelius 『Meditations, Book 5』、マルクス・アウレリウス『自省録』

坂村真民『すべては光る』

マルクス・アウレリウス

坂村真民