細雨養花

久しぶりの雨で庭の木々がしっとりと柔らかくなった。いつの間にか、洋梨の木に小さな白い花が咲き出している。控えめに芽吹いた新緑の葉に寄り添い、つぼみからふんわりと膨らんだ花が霧雨に濡れてしおらしい。

庭全体が振動する微粒子に包まれ、辺りには樹木の爽やかな香りが充満している。胸いっぱいに湿った空気を吸い込むと、体中がじんわりとしてくる。

風雪培土、細雨養花
(ふうせつばいど さいうようか)

了海になった日のこと

絵に描けるほど、目に焼きついているシーン。声がきこえてくるような思い出。
そう聞かれたら、何が思い浮かびますか?

私は、ある紙芝居です。

その日は、天神講の集まりでした。小学校にあがる直前の、うららかな春の日。
天神講は、天神さま、菅原道眞のおまつりです。
同じ地区のこどもが、年長の小学生の家に集り、丸一日遊んで過ごすので。10人の小さな集い。

天神さまへのごあいさつをすまして、さっそく遊びます。そのいちばんはじめが、紙芝居でした。