miniプラ「フィードバックでプラクティス&シードで会話」編

💧 オリエンテーションの様子をふりかえり、お手本と比べたフィードバックで、さらにリズムと音をプラクティスをするコンテンツです。
💧 たった2枚のオリエンテーションカードのシードを自在につかって会話を楽しみます。Seedを使って、ことば身につけるプラクティス。
💧 ゆっくりコースをチームではじめた Fさんのオリジナルコンテンツをシェアしていただいています。

身につけるしくみ ④ (ウラ面)英語を身につける本質

LearningとUnlearningは表裏一体。英語を身につけるには、すでに身についている日本語と切り替えるモードを学ぶ必要があります。日本語という言語の特徴は、カナモジを読むように音をだすことです。それを無意識的に話す技を身につけているのです。英語と日本語のちがいを踏まえて、音を置き換える置プラクティスがいります。

Unlearn your micro actions. (じぶんの小さなふるまいを学び直す)

(42) Okay.

💧 子音 k は、下の歯のうらに舌をつけて、風を切る音
💧 カナモジ式のオッケーでもオーケーでもなく、アゴをうごかして
💧 弱く、短く。風切り音をしっかりすると、グッと英語らしくなる