見えないけれど、あるんだよ。

金子みすゞ『星とたんぽぽ』より。

青いお空の そこふかく、
海の小石の そのように、
夜がくるまで しずんでる
昼のお星はめにみえぬ。
        見えぬけれども あるんだよ
        見えぬ ものでも あるんだよ。

ちって すがれた たんぽぽの
かわらのすきに だァまって、
春の くるまで かくれてる。
つよい その根は めにみえぬ
        見えぬ けれども あるんだよ、
        見えぬ ものでも あるんだよ。

おかげさまで

ショーペンハウアーは、こう言いました。
「自分が持っていないものを見ると、ともすれば「私のものだったら、どんなだろう?」という考えが頭をもたげてきて、ないものねだりをしてしまう。そうではなく、自分が持っているものに対して、「これが私のものでなかったら、どんなだろう?」としばしば自問してみよう。つまり財産や健康、友人や恋人、妻や子、馬や犬、何であれ、自分が持っているものを仮に失った場合を思い浮かべ、時おりそうした角度で自分をながめるように努めよう。たいてい失ってはじめて、そのものの価値がわかるからである。」