はじめに「やわらぐ作法」

「作法」ということばを聞いて、かたくなったり、構えたりする、まったく必要はありません。

作法というと、お茶の作法、坐禅の作法など、礼儀やマナー、古くからの決まり事のイメージでしょうか。
作法とは呼ばなくても、パスやキャッチボールなど、運動でも、料理の手順、楽器や道具の使用など、ほとんどの物事には、基本的な所作、大切なルールがあります。それらはみな、作法です。

作法とは、つくる方法です。
メソッドということばは、路にそって行なう方法という意味です。
作法とよんでもメソッドともよんでも構いません。
何をつくるかというと、ある姿勢、状態をつくります。
そのような場になるように「じぶんをみちびく」ことです。
プラクティスの方向へ、じぶんを、しむけていくことです。

すべての作法に共通することは、それが「身体作法」つまり、身体のふるまいで覚えることです。
その手順で反復することで、無意識にできるようになります。
それが「身につく」という意味です。
くりかえすことで、身につき、いったん身につくと、何も考えずにできるようになります。

エンパシームのメソッドとは、そのような無意思的なフローを起こすことです。
それを写し、それをさらに、気づきのためのカプセルのようにして、じぶんに活かす方法です。

エンパシームは、心を穏やかにするところからはじめて、よい習慣を身につけるための作法に、そのために発明されたテクノジーを組み込んだもの。ふるまう作法、ふりかえる作法、人とプラクティスをわかちあう作法が一体化しているのです。

“>エンパグラフは、エンパシームであなたの姿勢を映す鏡の役割をします。
「やわらぎ」とは、やわらいだ空気を表します。
あなたの気持ちと周囲の空気は一体のもの。そこに、あらわれるものがあります。
静かで、落ち着いた雰囲気、気分。
まわりがガヤガヤとうるさかったり、周囲がざわついている時、「やわらぎ」は小さい状態です。

かざることも、かまえることもありません。
静かにすわり、身体の力をぬきましょう。
リラックスすることです。リラックスとは、ただのんびりする、といった意味ではありません。
やわらいだ状態をつくることです。

出典・参照: 『毎プラガイド』

「エンパシーム紹介「自然な流れで間をつくる」」(動画)

「じぶんに手入れをするプラクティス [あゐてにふすいま]」

「作法を共にする道具があるからこそ」

「まず、和らぐことから。」