Empathemian『Phronesis』

フロネーシス (Phronesis)ということばがあります。

知恵の中でも特に、身をもってする体験によって培う知恵のことです。
実践の知と呼ばれますが、それは、修養の習慣によって身につける知恵のこと。
「プラクティスの知恵」、「修養の知」。

古代ギリシャのアリストテレスは、修養によって、心のバランスを保つことを説きました。

じぶんの心を落ち着けるプラクティスが修養です。

知恵を表すことばには、WisdomやIntelligenceといったことばがあります。

これに対して、アリストテレスは、温和、親愛、正直、謙虚、勇気、共感をもっとも大切にしましたが、これらの徳をたばねる大きな知恵をフロネーシスと呼んだのです。

ものごとをよく知ること、深く知ること、ものをつくる知識も大切です。
でもそれには、じぶんで身をもってやってみることでバランスをとることがもっと大切です。

心を落ち着け、ひらき、かたよりをなくす知恵。

修養の知恵は、修養によって育つもの。
何か特別なことをして得るものではありません。
なんの変哲もない、ふだんの生活の中で養う、小さなプラクティスの知恵です。

フローネーシスは、実生みしょう

芽が出て、育ち、花が咲いて実がなり、それがいのちとしてくりかえされるよろこび。

Cultivate your soil.(じぶんという土地をたがやす)

Nurture your seed.(じぶんという種が芽吹くように)


「素のふるまいが育つ」

「実生」

「じぶんのシードを育てる」

出典・参照:アリストテレス『二コマコス倫理学』、『毎プラガイド』

「Phronesis」

「実生」