Empathemian『Toshikosan”s last Empatheme』

エンパシームに、としこさんの声がのこっています。

「ものすごい雨。
きょうは、腰がすこしいたいけれど、だいじょうぶです。
家から一歩も出られませんので、5つ俳句をつくりました。
これ、聞こえるかな。」

声のことばは、いのちのタネ (Seed)。


生前、としこさんは、たべることが大好きで、87歳とは思えないわかさ。ところが、突然のように肺がんが訪れました。
しぜんにそれを受け入れて、しずかに逝きました。

としこさんは、生きている。みんなの心の中に。
そして、エンパシームの中に。

ひとつのいのちは、広大な宇宙の中の、小さな世界。 
いのちといのちのあいだに、じかんはある。
じかんは、わたしたちがつくるもの。
固有のじかんが、いまも生きている。
そして、エンパシームの中に。

We are life.

出典・参照:『としこさんのエンパグラフ』