挿絵:Empathemian 『Penka』

あまい あまい かぶになれ。

おおきな おおきな かぶになれ。

うんとこしょ どっこいしょ。

どこかで、聞いたことがありますか?

『おおきなかぶ』
ロシア民話をトルストイが構成し直して、絵本になりました。

おじいさんは、おばあさんを呼び、おばあさんは、孫を呼び、孫は犬を呼び、犬は猫を呼び、猫はねずみを呼び、みんなで掛け声をかけ、力をあわせて、大きなかぶを引っこ抜く話です。

それだけです。
でも、かけ声のリズム感があり、記憶に残ります。

かけ声には、みんなの努力をひとつにあわせる力があります。
それだけではありません。いつか思い出せる「ことば」として、じぶんと共にいて、助けてくれる力になります。

大きなかぶの話の内容は忘れていても、おなじリズムで声をかけるから、かんたんに思い出せるのです。

思い出せるのは、音とリズム。

チャーヌットゥ、パチャーヌットゥ。
ひっぱって、ひっぱって。ロシア語では、こんなふうに聞こえます。

ひと息の、声のリズム。それが、力を備えたことばです。
意味を覚えようとしないで、声のリズムを刻むことで、ふだんは忘れていることが、思い出される。
シンプルな動作と声のリズムが一体になっているから、あとになってから、記憶を復元するすごい力になるのですね。

じぶんに、声をかけてみよう。

出典:トルストイ『おおきなかぶ』