Empathemian, Sunnyvale, California

ストレスは、心身の健康に大きな影響を与えることが知られています。精神的なストレスは、心臓や血管に影響を与え、自律神経失調症をきたしたり、命に関わるいろいろな病気の要因にもなります。

それでも、「ストレス」をなくすことはできません。
なぜかといえば、ストレスは、私たちの身体の反応だからです。じぶんの一部なのです。

「ストレス」の発見者であるハンス・セリエはこう言いました。

「すべてのストレスは、私たちに傷跡を残していく。でも、それは同じようなストレスに襲われた時に今度は私たちを守ってくれるもの。ストレスというものが存在しなければ、人間は滅んでいただろう。」

バランス・調和をとること。そのためには、どうしたよいでしょうか。

心身の状態を和らげる「練習」ができるようにすることです。身体の機能は、意識して変化させることはできません。意識して、脈拍を変えたり、発汗を変化させたりすることはできません。唯一できることは、「呼吸」です。呼吸も、無意識・自律的ですが、ゆっくりとしたリズムを身につけることはできます。

坐禅も「マインドフルネス」も、「呼吸」に注目します。ただし、いっぺんに色々やろうとしてもなかなか定着しませんね。素振りのような小さなプラクティスが大切です。日常の全体をゆっくりにするとか、時間のかかる実践以前に、短い数分間のひと時を確実につくり、そのなかで、和らぐ、ゆっくりとふるまうことを、練習台にしましょう。

ひとつの呼吸が、じぶんのリズムの単位。

やわらぐリズムが、じぶんの土壌をつくる。

出典:ハンス・セリエ『ストレスと生命』