Empathemian 『エンパグラフで見える声』

アリストテレスは、こう言いました。
We are what we repeatedly do.
(いつもくりかえしすることが、じぶんという存在。)

人生は、習慣の蓄積からできている。何かに秀でるということは、行為ではなく、習慣である、と。

「すべては、小さいことの積み重ねなんですよ。」こんなセリフをどこかで聞いたことがあるでしょう。
そして、納得したり、少し反省したり、しますよね、そうだろうな、まず習慣を身につけないといけない、と。

そのためのハウツー、スキルアップの指南書は、いくらでもあります。
でも実は、「習慣をつける」という個別の行為は存在しません。
ひとつひとつのふるまいが、連なること、つながっていくことが、習慣と呼べるものになっていくのです。

Small things add up.
(小さなことが、積み上がる。)
これは、すべてのことに、あてはまります。すべての物事は、小さなことでできています。習慣もまた、小さな「ふるまい」の連続でできています。

スーザン・ターケルさんは、こう言います。
「大きな違いを生むのは、小さなことである。毎日の生活をよく見直してみましょう。いっぺんに大きなことをせず、毎回小さな変化を。それを楽しむこと。」

とても、いいアドバイスです。ただ、そうすればよい、と言われても、具体的な、小さな変化がみられることを、実際にやってみる必要があります。
それが、簡単ではないのですね。

エンパシームは、小さなプラクティスが、自然な流れになるような、手伝いをします。
変化はその流れの中に、自然に現れるもの。そのためには、まず、身をもってふるまう場が先にいります。

Make a small change.
(小さな変化を。)
そのように、じぶんに言ってみる。演じることです。
エンパグラフで、鏡のように、小さな変化を手にとるように、見ることができます。
小さな変化がちゃんと見えますか?。じぶんをたしかめることが、小さな変化を生むのです。

出典:Suzan and Larry Terkel『Small Change』、英プラ』トレイル 1 (16) That’s the thing.