Empathemian 『Jacaranda』

愛語あいごよく廻天かいてんのちからあることを学すべきなり

愛語とは、やさしいことばをかけることです。親しみの心を抱くような心のこもったことば、愛語には、天地をひっくり返す力があるというのです。

道元禅師『正法眼蔵』45巻の中の「菩提薩埵四摂法」(ぼだいさったしっしょうほう)の巻。そこに、菩薩行(ぼさつぎょう)すなわち「悟りのための」修行のエッセンスがあります。それは四つの行いです。

布施ふせ。見返りなく、あたえること。

愛語あいご。やさしいことばをかけること。

利行りぎょう。人のために自分を忘れて尽くすこと。

同事どうじ。わけへだてをしないこと。

現代人の私たちに菩薩の修行のエッセンスなんて無関係?
いいえ、私たちほど、このエッセンスに意味があります。それは、心の安らぎをうる方法だからです。

私たちにいますぐできるものは、4つのうち、どれでしょうか?それが、愛語です。

まず、ひとからかけてもらった「やさしいことば」を思い出すことです。じぶんが受けた、親しみのあることばをふりかえること。これまでにいただいた愛語のすべてが、人にかける愛語の素になっています。

そのことばを、声にして発することです。相手に、わけへだてはいりません。
花にも、木にも、土にも、石にも、ひとにも、声をかけることです。


愛語を思い出そう。
元気でね。
ありがとう。


出典:大和和尚「ニコニコサロン法話」酒井大岳『正法眼蔵の愛語に学ぶ』