プラクティスのしやすさ

リーダビリティ (Readability) は、文章の「読みやすさ」を表すことばです。

50年前、ルドルフ・フレッシュさんは読みやすさの測定を考案しました。
たとえば、小学5年生で無理なく読める、といったわかりやすい目安です。
現在「フレッシューキンケイド」の指標として知られ、アメリカでは公官庁が発行する市民への文書の指針にもなっています。

日本語のウィキペディアでは「可読性」ということばで紹介されています。
ちょっと聞きなれないことばで、わかりづらいですね。
日本語では、「読みやすさ」という考え方・指標は一般的ではありませんが、あったらいいですね。

読みやすさとは「よみにくさ」を取り去ることです。