チャンスとバランス (4)

チャンスとは、新しいこと、まだわからないことに、ひらかれた心。

未知の可能性とは、心をひらく姿勢におとずれる。
ただ、その姿勢をつくることは、むずかしいことのようにも聞こえます。
いいえ、実は、むずかしいことなのではなく、その勇気を、ふだんプラクティスしていないだけのこと。

マークトウェインは、勇気をこのように定義します。

Courage is resistance to fear, mastery of fear – not absence of fear.
勇気とは、おそれないこと。それは、おそれがないことではなく、おそれる気持ちを克服することだ。

がんばっても勇気はでてきません。

Fear of Fear (おそれる気持ちがこわい)

失敗を恐れるな、と言いますね。

失敗とは、怖いものなのでしょうか?

間違えることが失敗でしょうか?
先生が答えを持っていて、それとおなじ答えを言うと、正解。それは以外は、間違い。それが失敗でしょうか?
間違えてはいけないから、怖いのでしょうか?

それとも、期待どおりにならないことが失敗でしょうか?
それなら、期待どおりにならなくてあたりまえなら、失敗ではありませんよね。はじめはうまくいかないことが、プラクティスしているうちに、だんだんできるようになってくる。だから、失敗の数が多い方がいいはず。

それなのに、なぜ、失敗を恐れるな、というのでしょうか?