Empathemian, Practice Yields Seeds

Give way.(路をゆずれ)

こんな標識があります。

Yieldとは、路をゆずることです。

ゆずるとは、じぶんが相手に、あげること。
文字どおり、Give wayという標識もあります。

日本の道路では「優先道路」を示すサインがあります。
(すぐに思い出せないですよね?)

英語は、アクションをことばにした動詞表現で指示します。

路が交わるところでは、だれかが相手にゆずる行為が必要です。
あなたが、ゆずりなさい、と。

ゆずるとは、待つことです。
待つとは、じぶんの時間をあげること。

路をあげよ。
時間をあげよ。

「心のゆとり」を持てと言われるよりも、直接的です。

Empathemian, Palo Alto, California

ところで、Yieldということばは、「生み出す、もたらす、実を結ぶ」という意味の動詞でもあります。

たとえば、こんなふうに言います。
This tree yields fruits.(この木には、実がなる)

投資・貯蓄の用語として、yieldといえば「利回り」を指します。
製造・ものづくりでは、yieldは「歩留まり」です。

どちらも、どれだけ生み出せるか、という価値を測る指標です。

「ゆずる、あげる」という行為と、「生み出す、もたらす」という現象が、おなじひとつのことばでつながっています。

Your practice yields seeds.(プラクティスをすると、タネができる)

出典・参照:以下のエンパレット、および 英プラトレイル3(84)Create Something New.

待つプラクティス

習慣の秘訣 Life is in the giving

LET IT GO. [行きづまったら、そっと手放すために]