Randall Munroe 『Thing Explainer』
Randall Munroe 『Thing Explainer』

ランドール・マンローさんの『Thing Explainer』は、複雑なものやしくみを平易なことばで書いた絵本です。

専門用語を使わないというだけではなく、1000語で的確に説明しています。

英語に限らず、どの言語も何万という語いがあります。
日常生活では、平均すると2000語ぐらいを使用しています。
1000語もあれば9割近くのことをカバーしていると言われます。英語も日本語も状況はおなじです。

ただ、図鑑のように物事を的確に説明するとなると、どうしてもことばが足らなくなるでしょう。
マンローさんは、説明できるために必要な1000語を選びました。(注1)
この1000語にはマンローさんの創意工夫があります。

Less is more.

つかうことばを制約することで、余計なことばを増やさずにすみます。
小さなこどもでも複雑なしくみをひとりで学ぶことができます。

それだけではありません。
何かを人に説明する時に、多くのことばが必要ということは、まだ、じぶんの中で、よく「かみくだかれていない」という証です。
例えば、咀嚼されていない、と言わないのとおなじように、平易なことばで表現するプラクティスが必要です。

『英プラ』も、英語の日常生活の90数%以上をやりとりする表現でできています。
その中に、2500の表現、2000ほどの単語が含まれます。

マンローさんの試みを参考にしながらも(注2)このような特徴があります。

  • ひと息で言える声セリフ
  • 手のひらにフィットするカードの1行分
  • 手のひらにカード100枚、すべてが収まる(3センチの厚み)
  • 音素、音節、単語、フレーズの各レベルの統計的頻度にもとづき、英語のプラクティスに最適化

短く、平易なことばを組み合わせることで、複雑なこともシンプルに表現できるようになります。

英プラの一部をご紹介します。

「英プラ」トレイル3 (91) Human Body

人間の身体についての対話です。

What do your lungs do? 肺は何をしている?
They allow me to breathe. 呼吸をさせてくれる。

What does your heart do? 心臓は何するもの?
It pushes blood through my body. 血液を体中に押し出す。

What does your stomach do? 胃は?
It holds and breaks up food. 食べたものを入れて、細かくするよ。

What does your liver do? 肝臓は何をしている?
It cleans my blood. It also makes and stores fuels. 血をきれいにして、エネルギーを生成、貯蔵。

What does your small intestine do? 小腸は?
It breaks up food and absorbs them. 食べたものを細かくして、吸収する。

What does your large intestine do? 大腸は?
A lot of living things help break down different kinds of food. 微生物が食べたものを細かくするのを手伝ってくれる。

What does your brain do? 脳は何をする?
Well, it creates ideas. 考えをつくる。

What does your blood do? 血は何している?
It carries oxygen and throws out the garbage. 酸素を運んで、老廃物を捨てる。

What does your cell do? 細胞は何をしている?
They work together to keep me alive. みんなで協力して、わたしを生かしてくれている。

Well done! すばらしい!
Thanks to simple words. 簡単なことばのおかげ。

Less is more。

使うことばを工夫して制約することで、表現の力が格段にあがります。

 

「Less is more (6) 望みをつなぐには?」

 

出典・参照:Randall Munroe『Thing Explainer』、『英プラ』トレイル3
(注1)シンプルライターツール https://xkcd.com/simplewriter/ (この1000語にあるかどうかをチェックするツール)
(注2)マンローさんは、Cartoonistでじぶんで絵を描いてます。英プラのコンテンツも同様に著者のイラストとアニメーションです。