Empathemian 『Fireflies in the brain』

ダニエル・デネットさんは、こう言います。

「私たちの頭の中は、出来事や計画、考えなどに関する、しかかり中のドラフトが複数存在する。そうしたドラフトの中で、もっとも多くの処理活動をおこなっているものが、意識である。」

意識は、中央コントロール室のようなものではなく、脳内に分散された情報である、というのです。デネットさんの考えは、意識が中央で制御する装置のようにして、自分自身の活動を支配していると考えたデカルトとは、正反対です。デカルトは、経験した感覚データを上映するスクリーンのようなものと考えましたが、デネットさんは、多元的ドラフトのようなものだと言います。

意識は、ドラフトみたいなもの。

私たちの日常では、じぶんの脳で起きていることは、想像するしかないですね。ただ、頭の中には、時間にも空間にも制約されず、自然にできあがったたくさんのドラフトがいろいろある、という話は、納得できるものがあります。こんなふうに、じぶんの頭の中を想像すること自体、小さなドラフトみたいです。

素材のピース、しかかりの、じぶん。

とすると、「じぶん」というものは、いろんな、しかかりの素材でできている、ということになりそうですね。
意識は、上からの命令じゃなくて、下から湧き上がってくる。無意識の土壌から、生まれてくる。小さなピースがつながって、断片ストーリーができ、それがドラフトになり、やがてひとつの物語になる。そんなふうに、じぶんを想像することもできます。

しかかりのドラフトなら、校正したり、修正していきたいですね。時々、風をいれたり、ゆっくり寝かせたり、あるいはいくつかをうまく組みあわせたりして、新しいじぶんをつくりたいもの。

ぼんやりしているときに、ふと思いついたりすることも、大切な素材になりそうです。「じぶん」という、ほとんどは無意識の土壌の手入れをするように、ドラフトに手をいれる愉しみ。

どんなことだって、きっかけになります。だって、いつもドラフトなんですから、気楽に。

ドラフトに手を入れるたのしみ。

Put it together.

「無意識の力を活かす方法」

「「生きている」ことより大事なことはない。」

「思う以前に感じている」

出典・参照:ダニエル・デネット『解明される意識』、『英プラ』 トレイル1 (31) Put the pieces together.

Put the pieces together.

ダニエル・デネット