ともに、プラクティス

コ・プラは、みまもり、よりそい、たすけあうコミュニケーションサービス

エンパシームアプリを使って、人がつながるサービスです。英プラ、毎プラにあわせてもご利用できます。

遠くに離れていても、また近くにいても、ほどよい距離のふれあいを持つことができます。

SNSやチャットとはちがい、ことばをひとこと声にして、ココロが通うプラクティス(実践)。

見守りだけでなく、色々な活用ができます。

企業の職場や、学校のクラスルーム、スポーツのチーム育成など、
あらゆるところで、ココロのケアに携わっていらっしゃるみなさまへ。

エンパシームは、個人のマインドフルネス、メンタルケアだけでなく、チーム、組織をみまもり、安心して、役立てられるツールです。

エンパシームデータを活用して、変化をうながすプラットフォームとしてご利用になれます。

・押しつけるのではなく、助ける
・監視するのではなく、見まもる
・結果を追うのではなく、変化を促す
・必要な時に、ひと言、声をかける

じぶんが変わるというテーマは、じぶんとみんなのテーマです。

英プラ、毎プラとあわせてもご利用になれます。

毎プラ つながり③よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

つながりを利用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、構えず、飾らないコミュニケーションを楽しむことができます。動画①に続き、エンパシームにおさめられたシード(声のセリフ)で、ことばをわかちあうご家族の実例をご紹介します。参考にしてください。

詳細をみる

毎プラ つながり②よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

つながりを利用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、構えず、飾らないコミュニケーションを楽しむことができます。動画①に続き、エンパシームにおさめられたシード(声のセリフ)で、ことばをわかちあうご家族の実例をご紹介します。参考にしてください。

詳細をみる

毎プラ つながり①よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

エンパシームは「つながり」を活用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、心を通い合わせることができます。この動画では、90歳のカズコさんの日々のひと時と、心のつながりの実例をご紹介し、アプリの使い方をステップごとの画面操作でご説明します。

詳細をみる

参加申し込み

クラウドファンディング プロジェクトを8月11日まで開催中です。

参加をご希望の方は、オレンジのボタンを押して、Kibidangoのページにお越しください。

プロジェクト開催中、特別料金でのコース参加ができます。

 

kibidango_logo

エンパレット コンテンツ紹介

エンパレットは、ものごとの見え方が変わるような、きっかけをつくるツールです。
思い込みに気づくヒント、じぶんとのつながりをつくる、短いストーリーのリソースとしてご活用になれます。
600を超えるライブラリーからご紹介します。エンパレットページ、ガイドの毎プラてびきもご利用ください。

  • カテゴリーを選択

「ダメ・ちゃんと・はやく」の代わりに言おう

「ダメでしょ。ちゃんとしなさい。早くやりなさい。」心のどこかで、じぶん自身に言っていませんか?私たちは気づかぬうちに、じぶんのことばで、ものごとの捉え方をフレーミング(固定)しています。決めつけ・押しつけのことばが可能性を減らします。禁句の代わりのことば声に出して言うことで、物事の捉え方を変えることができます。

Make mistakes and learn from them.(失敗して、学べ)

詳細をみる

共感の精錬 (12) 付記 ① 水銀・人間の心・エンパグラフ

サイエンスの力、テクノロジーの力、アートの力、そして素のふるまいの力。これらは調和をもって合わせることができる。その思いをこの文章にこめた。「ひとつぶ」の共感を日常の中で身につける小さな素振りの力によって、何かがすこし違って見えたり、聞こえたり、感じられ たりする、未知の可能性を私は信じている。

詳細をみる

共感の精錬 (7) 光・空気・土・水と、隣人とともに生きている

アルマデン水銀鉱山の廃の引き金は、1972年出版『ライフ』の特集記事だった。ユージン·スミスは水俣の人々とともに暮らし、被害者家族との関係を築きながら共同体の内側をフォトエッセイ「Minamata」で描いた。「写真は小さな声に過ぎない。だが、一枚の写真が人の心に響き、遠い人々への理解や共感をもたらすこともある。

詳細をみる

コ・プラを申込むと?

共にプラクティス

コ・プラ (Co Pra) は「プラクティスする共にする」「いっしょにプラクティス」「わかちあうプラクティス」メソッドと環境を提供します。

コ(Co)は、共にという意味です。

毎プラ、英プラはひとりでプラクティス場であると同時に、小さなコミュニケーションの場でもあります。
習慣づくりには、伴走者のような、いっしょになる友の存在が大きな力になります。

また、他者を思う心、気づかう小さなふるまいが、自意識をやわらげ、プラクティスの持続を支えてくれます。

プラクティスは、プラクティスをする人だけでなく、指導する立場の人、支援する立場の人、そっと見守る立場の人、いろいろな関わり方があります。

毎プラ、英プラを「グループ」でおこなうことで、ひとりひとりのプラクティスを支援するしくみになります。

コ・プラは、いろいろな目的、立場の人たちが、共に関わって、幅広く利用できるプラットフォームです。

毎プラや、毎プラをする、しないに関わらず、どなたでも活用することができます。

エンパシームの使い方は毎プラ、英プラとおなじですが、小さなコミュニケーションの場を、自由に活用してください。

いろいろな使い方ができます。ほんの数秒の声ことば、ふるまいがエンパシームに写ります。それを使っての小さなコミュニケーションが、心を育てます。小さなプラクティス、マイクロアクションが、共通の習慣になっていきます。

 

・離れた家族との間で、ほんのりと声のやりとりをする
・小さなお子さんといっしょに本を読む(読み聞かせ、よりも、共に声にするプラクティスとして)
・おじいさん、おばあさんとのふれあい。貴重なひとことの声ことばが残る
・アスリートの日々の心の手入れ、コーチや応援者との、ささやかなやりとり
・みんなで英語のプラクティス(先生、みんなが家でプラクティスする様子を見守り、助けることができます)

 

じぶんが変わるというテーマは、じぶんとみんなのテーマ

エンパシームは、個人のマインドフルネス、メンタルケアだけでなく、チーム、組織をみまもり、安心して、役立てられるツールです。

企業の職場や、学校のクラスルーム、スポーツのチーム育成など、
あらゆるところで、ココロのケアに携わっていらっしゃるみなさまへ。

エンパシームデータを活用して、変化をうながすプラットフォームとしてご利用になれます。

・押しつけるのではなく、助ける
・監視するのではなく、見まもる
・結果を追うのではなく、変化を促す
・必要な時に、ひと言、声をかける

コ・プラは、英プラ、毎プラとあわせてもご利用になれます。
じぶんが身近に関わるプラクティスの場で、エンパシームを使ってみませんか?
詳しくは、エンパシーム事務局まで、お気軽にコンタクトください。