よりそいあえるコミュニケーション

みまもり、よりそい、たすけあうコミュニケーションサービス

エンパシームアプリを使って、人がつながるサービスです。英語トレイル、修養トレイルにあわせてもご利用できます。

遠くに離れていても、また近くにいても、ほどよい距離のふれあいを持つことができます。

SNSやチャットとはちがい、ことばをひとこと声にして、心が通うプラクティス(実践)。

見守りだけでなく、色々な活用ができます。

企業の職場や、学校のクラスルーム、スポーツのチーム育成など、
あらゆるところで、心のケアに携わっていらっしゃるみなさまへ。

エンパシームは、個人のマインドフルネス、メンタルケアだけでなく、チーム、組織をみまもり、安心して、役立てられるツールです。

エンパシームデータを活用して、変化をうながすプラットフォームとしてご利用になれます。

・押しつけるのではなく、助ける
・監視するのではなく、見まもる
・結果を追うのではなく、変化を促す
・必要な時に、ひと言、声をかける

無意識レベルの習慣に気づき、じぶんに変化をもたらすというテーマは、みんなのテーマです。

英語トレイル、修養トレイルとあわせてもご利用になれます。

毎プラ つながり③よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

つながりを利用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、構えず、飾らないコミュニケーションを楽しむことができます。動画①に続き、エンパシームにおさめられたシード(声のセリフ)で、ことばをわかちあうご家族の実例をご紹介します。参考にしてください。

詳細をみる

毎プラ つながり②よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

つながりを利用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、構えず、飾らないコミュニケーションを楽しむことができます。動画①に続き、エンパシームにおさめられたシード(声のセリフ)で、ことばをわかちあうご家族の実例をご紹介します。参考にしてください。

詳細をみる

毎プラ つながり①よりそう・わかちあう(実例・使い方 動画)

エンパシームは「つながり」を活用して、日々のプラクティスを、見まもり、よりそい、わかちあうことができます。遠く離れていても、エンパシームによって、心を通い合わせることができます。この動画では、90歳のカズコさんの日々のひと時と、心のつながりの実例をご紹介し、アプリの使い方をステップごとの画面操作でご説明します。

詳細をみる

参加申し込み

現在、参加者の募集準備をしています。詳しい時期などは、こちらからお問い合わせください。

エンパレット コンテンツ紹介

エンパレットは、ものごとの見え方が変わるような、きっかけをつくるツールです。
思い込みに気づくヒント、じぶんとのつながりをつくる、短いストーリーのリソースとしてご活用になれます。
600を超えるライブラリーからご紹介します。エンパレットページ、ガイドの毎プラてびきもご利用ください。

[searchandfilter id=”30309″]

ゆだねるチカラ [心はひらく]

セラピストのユリコさんは、こう言います。「求めないことです。じぶんを苦しめているのは、求めすぎていることに気づかないから。じぶんで決めつけないで、ゆだねることで、心がひらくのだと思います。」私たちには、ゆだねる、というチカラがあります。じぶんの心と戦わないでいいのです。ひと息の声を出すことで、そのチカラが使えます。

Let it go – あゐてにふすいま(相手にゆだねて)

詳細をみる

道があるからひと休みできる(トレイルにゆだねて③)

道があるから、ひと休みできます。道を進んでいるから、ひと休みになります。道を進んでいなかったら、ひと休みとは言いません。ひと休みは、やめることではありません。続けていくために、ひと休み。木陰で水を飲んでいると、馬にのって共に山路をゆく人に出会います。後ろ姿もさっそうとしています。急ぎすぎず、ゆっくり、しっかり、着実に。

Take a rest. And go on.(ひと休みして、行こう)

詳細をみる

共業(ぐうごう)[すべてのいのちは共に生きている]

共業(ぐうごう)ということばがあります。業は行為です。地球上のすべてが存在するという行為をおこなっている。世界はお互いが関係しあい、成り立っています。私たちはじぶんがいて、それが生きていると考えますね。でも実は、環境とやりとりして生きているという現象があるから、いのちなのです。いのちは「共に生きている」ということです。

We all live together.(みな、共に生きている)

詳細をみる

ケアリングトレイルを申込むと?

共にプラクティス

ケアリングトレイルは「プラクティスする共にする」「いっしょにプラクティス」「わかちあうプラクティス」メソッドと環境を提供します。

修養トレイル、英語トレイルはひとりでプラクティス場であると同時に、小さなコミュニケーションの場でもあります。
習慣づくりには、伴走者のような、いっしょになる友の存在が大きな力になります。

また、他者を思う心、気づかう小さなふるまいが、自意識をやわらげ、プラクティスの持続を支えてくれます。

プラクティスは、プラクティスをする人だけでなく、指導する立場の人、支援する立場の人、そっと見守る立場の人、いろいろな関わり方があります。

修養トレイル、英語トレイルを「グループ」でおこなうことで、ひとりひとりのプラクティスを支援するしくみになります。

ケアリングは、いろいろな目的、立場の人たちが、共に関わって、幅広く利用できるプラットフォームです。

修養トレイルをする、しないに関わらず、どなたでも活用することができます。

エンパシームの使い方は修養トレイル、英語トレイルと共通ですが、小さなコミュニケーションの場を、自由に活用してください。

いろいろな使い方ができます。ほんの数秒の声ことば、ふるまいがエンパシームに写ります。それを使っての小さなコミュニケーションが、心を育てます。小さなプラクティス、マイクロアクションが、共通の習慣になっていきます。

 

・離れた家族との間で、ほんのりと声のやりとりをする
・小さなお子さんといっしょに本を読む(読み聞かせ、よりも、共に声にするプラクティスとして)
・おじいさん、おばあさんとのふれあい。貴重なひとことの声ことばが残る
・アスリートの日々の心の手入れ、コーチや応援者との、ささやかなやりとり
・みんなで英語のプラクティス(先生、みんなが家でプラクティスする様子を見守り、助けることができます)

 

じぶんが変わるというテーマは、じぶんとみんなのテーマ

エンパシームは、個人のマインドフルネス、メンタルケアだけでなく、チーム、組織をみまもり、安心して、役立てられるツールです。

企業の職場や、学校のクラスルーム、スポーツのチーム育成など、
あらゆるところで、心のケアに携わっていらっしゃるみなさまへ。

エンパシームデータを活用して、変化をうながすプラットフォームとしてご利用になれます。

・押しつけるのではなく、助ける
・監視するのではなく、見まもる
・結果を追うのではなく、変化を促す
・必要な時に、ひと言、声をかける

ケアリングは、修養トレイル、英語トレイルとあわせてもご利用になれます。
じぶんが身近に関わるプラクティスの場で、エンパシームを使ってみませんか?
詳しくは、エンパシーム事務局まで、お気軽にコンタクトください。