習慣:いちばん肝心なこと ① しくみ

習慣を身につけるには、まず身のまわりの環境を整えることです。

ジェームズ・クリアさんは、習慣づくりとは、4つの要素からなるステップで、行動を促すようなしくみをつくることだ、と説きます。

(1)きっかけ(それを見たらすぐ思い出せるような、はっきりとした合図)
(2)行動したくなる魅力(感覚に訴えるしかけ)
(3)それに反応した行動(かみくだかれた行動がおきやすくなる工夫。抵抗になるものをへらすこと)
(4)よろこび(うれしい、たのしいという実感)

「習慣そのもの」を身につけることはできません。小さなアクションにかみ砕いて、具体的な行動がおきるようにすることです。