学びは、じぶんの身に結びつけること

学びとは、じぶん身に結びつけることです。誰かにやり方を教わること、知識の獲得ではなく、じぶんが世界とのつながりを実感することです。そのためには「じぶんの身につける」ふるまいをすることです。そのつもりになって、身体の中からまわりにむけて、力を出すことです。声ことばのふるまいに変えて身の外に出力することが、学ぶ行為です。

There’s a difference between knowing the path and walking the path.

道を知っていることと、その道を歩くことは、別のこと。