歌があるから

A bird doesn’t sing because it has an answer, it sings because it has a song.

鳥がうたうのは、答えがあるからではありません。歌があるから、うたうのです。

何かの理由があるからではなく、何かの目的の手段でもない。心に歌があれば、自然に歌声になって現れる。
なぜ、歌を歌うのですか?

実感の数

じてんしゃで やってきた
きいろくて あかい うみのそらが
みずたまりになった 
そのなかに はいって
ぼくも きいろくてあかいみずに なるよ

6歳の、ある少年の詩。おどろきの声が発せられる時に、自然に詩ができるのですね。

マヤ・アンジェロウさんは、こう言います。

Life is not measured by the number of breaths you take but by the moments that take your breath away.