人は希望の中に生きている

人はねがいの中に生きている。そのことに、私たちはふだんは、気がついていないかもしれません。ビィクトール・フランクル『夜と霧』のつぶさな記録は「希望があることと生きていることは同じことだ」という証明です。収容所の過酷な境遇でも、快適で幸福な境遇でも、おなじように、人は希望の中に生きています。

Inspire Hope. (希いに息吹を)