身につける ④ 奥の窓もあけよう

昨日のエンパレット「身につける③見えないルール」では、ゴールデンルールばかりでなく、 シルバールールも大切という話をしました。

その先を考えてみます。挿絵の図を見てください。(注1)

縦軸(じぶん・相手)、横軸(する・しない)を組みあわせてできた4つの窓。

①の窓、②の窓だけではなく、その下に③の窓と④の窓があります。

③④に気がつかないのは、なぜでしょうか?

人に対してどうふるまうかを考えるあまり、じぶんのことを忘れているからです。
実は、人のことを先に考えているようでも、それはじぶん中心の発想なのです。

身につける ③ 見えないルール

Skin in the gameは、じぶんの身で感じること、親身になることです。

ナシム・タレブさんさんは、こう言います。

人間関係に大切なルールがふたつある。

① ゴールデンルール:じぶんがしてほしいと思うことを、人にもする

② シルバールール:じぶんが人にされたくないと思うことは、人にもしない

① を聞くと、なるほどと思いますが、落とし穴もあります。

積極的にオススメして、相手に通じればよいのですが、いつもそうだとは限らないからです。

身につける ② Skin in the game

Put skin in the game.(身をもってする)

エサをじぶんで探さないリスがいたとしたら?
それではとても、Skin in the gameではありませんね。
もちろん、そんなリスはどこにもいないでしょう。

自然界では、あたりまえのことなのですが、
人間の頭の中は、もっと複雑なようです。

でも、説明はいりませんね。
身をもってすることと、そうではないことのちがい。
じぶんのこととして、親身になってするのと、そうではないことのちがい。

明らかなはずなのに、その説明はむずかしいですね。
いったい、何が、どうちがうのでしょう?