ハチドリの合図

毎日、庭を訪れるハチドリがいます。

おなじハチドリが、おなじぐらいの時刻に、おなじ木の枝にやってきます。

いえ、おなじ葉っぱにやってくるのです。

最近、ある研究で、こんなことがわかったそうです。

マルハナバチは、花が咲く前に葉っぱをこすり「咲いてくれ」と合図をするそうです。

何億年も前から、花と昆虫は相棒になったわけですが、そういうコミュニケーションがあることは確かめられていませんでした。昆虫というと、花にいくものとばっかり思っていましたね。

このハチドリはどうでしょうか?

わが家での観察によると、どうもおなじ葉っぱをつついているようなのですが。。