いのちは時間

日野原重明さんは、こう言いました。

目に見えない大切な「いのち」
いのちとは、自分に与えられた時間のことである

「その人が死ぬまでに使える時間が、その人のいのちです。人だけでなく、すべての生き物は「自分の時間」という「いのち」を持っています。

いのちの時間は、できるだけ人のためにつかおう

おとなになったら、自分の時間を他人のために使ってください。自分のためではなく、だれか人のために自分の時間をつかうことこそが、その人が本当に生きていることになります。