エンパシームは体験の光粒

エンパシームは「時のつぶ」です。そのつぶには鮮明な光彩があります。それはじぶん自身への「共感する」の「時のつぶ」です。いろいろなきっかけで、エンパシーム同士が、つながりあうようになります。

5歳の夏休み、ある体験がありました。ホタルとりです。「ホーホーホータル、こい。こっちのみーずはあまいぞ。」ホタルに呼びかけます。

渓流のせせらぎ、草の匂い、カゴと網。真っ暗な田んぼのあぜ道を歩いていきます。一匹のホタルが、どこからともなく舞ってきたと思うと、次の瞬間には、ここにもあそこにも、現れます。草むらの中にも輝く光に、そおっと近づいていくときの高揚感。

ふしぎ

そこから とびだしてきた!
みんな おとのなかに はいってる
おとのなかに、ぼくも くうきも

おとのほうが
みえるへやよりも ずっとひろい
おとなのに よくみえる

えは そのはんたいの ふしぎ
とまっていたのに みんな うごきだす

時のかけら

エンパシームは、じかんの粒。そのイメージの原初体験になったのが「矢じりとり」です。

5歳の春。小高い丘陵をのぼっていくと、雑木林があり、そこは矢じりの宝庫でした。矢じりは、その辺に散らばっているものもあれば、地中に埋まっているものもあります。土を手で集め、竹のふるいにかけると、その中から小さな石のかけらが出てきます。

私の指の先でつまむような、小さなやじりがたくさん見つかりました。小さいけれど、先が鋭く尖った針のようでした。小さな動物を射止めるための矢じりだったのかもしれません。いえ、きっとこの川の渓流でハヤやアユを採っていたのでしょう。