相手の身になって「体取する」学びこそ

数学者・岡潔はこう言いました。「他の悲しみを自分の悲しみとするというわかり方を道元禅師は「体取」(たいしゅ)と言っている。理解は、自他対立的にわかるのであるが、体取は自分がそのものとなることによって、そのものがわかることである。」共感することは、体取して、まなぶことです。相手の身になった時、「わかる」のです。

Embrace.(心に抱いて)