共感の時つぶ

蜂飼耳さんの詩『梨の音』より。

梨が樹に 実ってゆくことは
この目のなかで実るのと おなじこと

けれど この両目が
地上から きえても
梨はやっぱり実をつける

五十億年後には
地球の水分はすっかり蒸発
(太陽との距離はちぢんで)