プラクティスのてびき

プラクティスの手順、心得を確認します。

時間の余裕をもって、エンパレットを順番に目を通しましょう。

基礎のプラクティスは、頭文字をとって「み・ち・ゆ・く」プラクティスです。習慣づくりの「路(を)ゆく」、じぶんの「未知(の力に向かって)ゆく」という意味です。
(みちびく・ちかづける・ゆだねる・くりかえす)

英プラの概要をもう一度みる

英プラ「英語のプラクティス」習慣を身につける (紹介動画)

英プラは「じぶんで気づく習慣」を身につけ、英語のプラクティス方法を着実に身につけるオンライン学習プラットフォームです。意識では捉えられない人間のふるまいを視覚化したデジタルデータ「エンパシーム」をスマホアプリ、クラウドシステムで応用し、じぶんをふりかえるメソッドに組み込むことによって、英語学習の根本課題を克服します。

詳細をみる

「英語のプラクティス」アプローチを変える

英語の上達に重要な、継続・スキル・センスの3つの軸で、データ化を可能にし、統計的に分析。包括的かつユニークなピンポイントのフィードバック・フォワードします。伴走、チュータリング、コミュニティにより、参加者のプラクティスを支えます。没頭できるプラクティスで毎日を充実させ、上達の実感を得ながら進むことができます。

詳細をみる

ことばのタネを育てるから身につく

だれにでも備わっている、やさしい心。それを使うことが、スキルとセンスを身につけるための最大の力です。エンパシームは、共感の想像力を引き出し、それをプラクティスの「しくみ」に変えます。相手の身になって感じる「ふるまい」が、じぶんで使えるセリフを網目のようにつなげていきます。じぶんの声でことばのタネをまき、育てることです。

詳細をみる

プラクティスのリソース

プラクティスのツボ