Empathemian:『Hello, little data』


『Dear Data』というたのしい本があります。
データといっても、コンピュータによる情報処理の本ではありません。
 
ステファニーさんとジョージアナさんの手紙のやりとり。
 
毎週、おたがい、相手に絵はがきにして、描いた絵を送るのです。
何が起きたかを書くのではなく、絵を描くのです。
 
毎日、身のまわりの、小さなことに目をむけて、それを絵にすること。
そこでは、いろいろなデータに出会うことができます。
 

データの語源、ギリシャ語で、あたえられたもの、という意味です。
 
身のまわりの世界から、じぶんに与えられたもの。
 
五感でふれあい、わかちあえるものは、データ。
よくみると、ひとつふたつと数えられるものは、データ。
 

 
なにも特別な場所にいかなくてもよいのです。
そらを見上げるだけでできます。

都会の路地にも、小さな花をみつけることができます。
「雑草」という名前をつけて、見えなくなっているだけです。
 

リトルデータさん、こんにちは。

エンパシームは、じぶんのリトルデータ。

ひと息の身体アクション、そのふるまいの様子を写したデータです。
 
その中に、呼吸のリズムも、和らいだ姿勢や、声がはいっています。
 
エンパシームは、じぶんも、コンピュータもあつかえるデータさん。
 

Hello, Empatheme. My dear little data.(ハロー、リトルデータのエンパシームさん)

 

 

出典・参照:Giorgia Lupi and Stefanie Posavec 『Dear Data』
Do_Emp『みず・そら・いのち』https://www.instagram.com/do_emp/ 

「エンパシームデータの生成」