ルーティンのサイエンスとアート ① 作法がないとルーティンにはならない

ルーティンということばを聞いたことがありますか?ルーティンはものごとを身につけるための必要条件です。ルーティンのない学びはありません。ただし、ルーティンがあるというだけでは十分ではありません。ルーティンを身につけるための、身体「作法」がいります。いつものように、のび太とドラえもんの対話形式の3回シリーズでお届けします。

You are what you do routinely.(日課がじぶん)

毎プラの風景「ゆだねる」カズコさんシェア編 ②

毎プラの風景を紹介します。カズコさん(90歳)のふだんのプラクティスです。毎プラは、エンパシームにゆだねて、ひとときの間、しぜんな流れで、素のふるまいをおこします。飾らず、構えず、考えすぎず、じぶんの声に思いをこめて。エンパシームは、そのひと時の間をカプセルにおさめ、声の鏡、姿勢の鏡を残します。小さな修養のルーティン。