修養する人になる

修養とは、何をせよ、何をするなという個別のことよりも「修養する人」になろうすることです。そして、それをいつもねがう心をもっていることです。その、心の向きを保つこと、それを確かめることが修養なのです。何をするかよりも、どのようにあるかの姿勢。何をしたかではなく、どのようにあったか。おこないは、毎日の姿勢から生まれるもの。

Be a doer.(姿勢をもとう)