はじめるまでの流れ

  • null
    エンパシームアプリのダウンロード
  • null
    プラクティスの選択
  • null
    コース選択と参加申込み

❶ アプリをダウンロード

エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「」をつくり、
それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

がんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。
誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、
メソッドとして使えるようになりました。

エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが
「小さなをつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」
習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

詳しく見る

 


上のアイコンからダウンロードできます。

❷❸ プラクティス選択と参加申し込み

エンパシームで「毎日のプラクティスを身につける」

ひと息の「」から、自然な流れ。プラクティスの「姿勢、声、場の空気」を後でふりかえり、ふるまいが持続する「路」をつくる。エンパシームをつかって、人と大切なことばをわかちあう。

毎プラ

じぶんを育てる

静穏、ふりかえり、ことば出力。
ミニマルな5分こそ
習慣は小さなプラクティスのしくみ

詳しく見る

参加申し込み

コ・プラ

共に、かかわる

日々の寄り添い、わかちあい。
ミニマルな3分こそ
共感の実践

詳しく見る

参加申し込み

public_mypra
アートフィロソフィー

無限のひと時

岩田慶治『無限と瞬間』より。

「一瞬、枝の小鳥が飛び立ったと言い、ぽっかりと蓮の花が咲いたと言うけれども、それは刹那あるいは一瞬の断片だったのではないだろうか。

その一瞬、山雀が枝を離れたと見ると、すでに数えきれない山雀が群れて空を渡って行く。そのとき、純白の蓮がいっせいに花を咲かせている。一瞬、一刹那のなかに同時という時があって、その時が無限に通じているのであった。

そうでなければ、ブッダの開悟したとき、そのとき草木虫魚同時成道などとは言えないではないか。 われわれは無造作に瞬間というが、実は瞬間と瞬間のあいだには、隙間があった。余白があったのだ。

続き...
アート

ゆだねる、ひたる。

「生ハム・メロン」とよばれる料理があります。
ほどよい大きさに切ったメロンに生ハムがのり、オリーブオイルのかかった、シンプルな料理です。

スペイン産・イベリコ豚の熟成生ハムはJamón (ハモン)、イタリア産の生ハムはprosciutto (プロシュート)と呼ばれます。生ハムにメロンをあわせるのか、メロンに生ハムを添えるのか、いずれにせよ、オリーブオイルとあわせた、3つの素材が調和して、それぞれの風味を引き立てます。

はじめて、完璧に熟れたメロンスープの中に、熟成ハモンと出逢った時のことです。衝撃的でした。

メロンスープの海に浸っている!

続き...
アートサイエンス

地球とサッカーボール

の:ねぇドラえもん、ナノってどれぐらい小さいの?
ど:10億分の1とかいってもピンとこないよね?
の:わかんない。すごく小さいんでしょ。
ど:じゃ、地球はどれぐらい大きいと思う?
の:わかんない。すごく大きいよ。
ど:のびちゃん、地球になったつもりで、いいかい?
の:地球?いいよ。
ど:このサッカーボールぐらい。
の:へぇー、小さいねー
ど:クロトーさんの絵本にあるよ。

続き...