なりきりコース トレイル2 Seed Pattern Practice (67) I mean it.

[プラクティスのポイント]

トレイル 2のテーマSeedでやりとりの場を想像するプラクティス。
挿絵にある情景、身振り手振りの空間をイメージしてみましょう。
セリフをアウトプットしながら想像することでセンスが身につきます。
いっしょにやって想像をはたらかせてみましょう。
そのあとでエンパレットのツボノートをみて復習しましょう。

[ニュアンスを日本語で]

はじめに、テクストや、日本語の意味をみないでプラクティス。
なれた後に、雰囲気のイメージを結びつけてみましょう。


行動なしは何も起きない。でしょ?
そうそう。本当にそうだと思ってるんだ。

**
また、別の機会があるといいわね。
いやぁ、そりゃないね。本当に。

***
今回はうまく行かなかった。本気でそう言ってるのよ。
わかった、なんとかするよ。

[ツボノート]

テーマ(67) I mean it. は、mean という動詞の表現を集約しています。

意味する、そのつもりである、という意味ですが、「意味する」という日本語ではぴったりした表現になりません。

表現全体を捉える必要があります。

I mean it. (本気だよ。本当だよ。そのつもりだよ)

そのつもりで言っている、ということ。

You know what I mean? (言っていることわかる?)

I didn’t mean it.

I didn’t mean what I said.(そんなつもりで言ったんじゃないだ)

言ったことに大意はなかった、つまり、そんなつもりで言ったんじゃないんだ、

I mean what I say. といえば、本気で言っている、言っていることは本当だ、ということ強調します。

一方、こちらは、すこしニュアンスが違います。

I say what I mean. (気持ちを素直に言っている、思っていることをストレートに表現している)

すこしややこしいですが、meanは本気で、というイメージを持つと混乱しなくなります。

meanには、言動・行為・存在に「意味がある」という表現も多く使われます。

You mean so much to me. (あなたの存在がとても大切)

It means a lot.(それは意味のあることだ)