ミッション


スマホに代表される便利なテクノロジー。私たちの日常生活は、何でも「操作して」「正しい答え」を入手できるかのような錯覚を持ってしまうほど、気づかぬうちに大きな影響を受けています。

その結果、じぶんで考え、行動する習慣を身につけることが、よりむずかしくなっています。人間とテクノロジーの溝はますます広まり、人と人との心のふれあいが希薄になっています。

いまこそ、技術に頼り切るのでもなく、敬遠するのでもない、人間に備わった力を引き出し、活かすための具体的な実現方法が望まれています。

エンパシームは、人間と機械の溝を克服し、人と人とをつないで、身近な社会に活かす方法です。だれもがエンパシームを利用、活用して、手持ちの力で社会に貢献できます。

英語サイトでもぜひお読みください。

こちらから

エンパシームでふりかえる


エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「間」をつくり、それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

目的を持ってがんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、メソッドとして使えるようになりました。

声にする力、一瞬待つ力、共感する力。ふだんは気づいていない、人間に備わった力が引き出され、ひとつの自然な流れで発揮されるようにする、新しいコンセプトです。その流れにそって、短い時間、しずかにすわり、小さな「間」をつくることで、日々の習慣が身につきます。

私たちは、エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが「小さな間をつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

エンパシームでつながる

エンパシームとは、共感 (Empathy) の最小単位(Empatheme)になる、という意味がこめられています。

エンパシームは、呼吸のつぎ目や静かな間あいで区切りをつけ、自然な流れで残されたふるまいを、共通の形式・単位で記録し、表現し、共有するメディアです。

後から手にとるように、ふりかえることができます。そのエンパシームを、親しい人どうしで共有することで、自然に共感の力が引き出されます。

だれでもがエンパシームを体験し、それを人とわかちあうことによって、じぶんの身近な世界に活かすことができます。また、エンパシームを科学的な研究に活かし、その実証成果を社会で活用できます。

みんなのエンパシームで「互恵協働」のコミュニティ (Empatheme Community) を広げていく、あたらしいイノベーションをおこすこと。それが私たちのミッションです。

 

エンパシームサイトを楽しもう