ミッション


スマホに代表される便利なテクノロジー。私たちの日常生活は、何でも「操作して」「正しい答え」を入手できるかのような錯覚を持ってしまうほど、気づかぬうちに大きな影響を受けています。

その結果、じぶんで考え、行動する習慣を身につけることが、よりむずかしくなっています。人間とテクノロジーの溝はますます広まり、人と人との心のふれあいが希薄になっています。

いまこそ、技術に頼り切るのでもなく、敬遠するのでもない、人間に備わった力を引き出し、活かすための具体的な実現方法が望まれています。

エンパシームは、人間と機械の溝を克服し、人と人とをつないで、身近な社会に活かす方法です。だれもがエンパシームを利用、活用して、手持ちの力で社会に貢献できます。

英語サイトでもぜひお読みください。

こちらから

エンパシームでふりかえる


エンパシームは、人間の自然な身体行為の流れの中に「間」をつくり、それを日々のプラクティスに活かす発明特許メソッドです。

目的を持ってがんばろうとするのに、うまくいかない、続かない。誰もが抱えている、この問題を克服するためにエンパシームは発明され、メソッドとして使えるようになりました。

声にする力、一瞬待つ力、共感する力。ふだんは気づいていない、人間に備わった力が引き出され、ひとつの自然な流れで発揮されるようにする、新しいコンセプトです。その流れにそって、短い時間、しずかにすわり、小さな「間」をつくることで、日々の習慣が身につきます。

私たちは、エンパシームをスマホアプリで無償で提供し、だれもが「小さな間をつくる・じぶんをふりかえる・人とわかちあう」習慣づくりの環境とメソッドを提供します。

エンパシームでつながる

エンパシームとは、共感 (Empathy) の最小単位(Empatheme)になる、という意味がこめられています。

エンパシームは、呼吸のつぎ目や静かな間あいで区切りをつけ、自然な流れで残されたふるまいを、共通の形式・単位で記録し、表現し、共有するメディアです。

後から手にとるように、ふりかえることができます。そのエンパシームを、親しい人どうしで共有することで、自然に共感の力が引き出されます。

だれでもがエンパシームを体験し、それを人とわかちあうことによって、じぶんの身近な世界に活かすことができます。また、エンパシームを科学的な研究に活かし、その実証成果を社会で活用できます。

みんなのエンパシームで「互恵協働」のコミュニティ (Empatheme Community) を広げていく、あたらしいイノベーションをおこすこと。それが私たちのミッションです。

エンパシーム・サイトを楽しもう

ふだんは気づいていない力を引き出して、日々のプラクティス(習慣)に活かす素材・ヒントを毎日お届けします。エンパシームメソッドのガイドとあわせて、お楽しみください。

  • エンパレットは、1−2分で読める、短かい形式のストーリー、記事。スマホ画面でも1スクロール1回分。手のひらサイズのコンテンツです。
  • 毎プラは、日常のできごとと、サイエンス、アート、フィロソフィーのことば・著作を結びつけ、写真・イラストと組み合わせたストーリーです。「毎日の、じぶんの(my) プラクティス」のために。
  • 英プラの配信コンテンツ教材も、はげますことば、ひらめくことば、プラクティスのコツや秘訣がちりばめられています。
  • エンパシームアプリの「てびき」からも、日替わりの配信コンテンツにアクセスできます。
  • 検索ボックスで、ライブラリーからエンパレットを検索することができます。思いつくことば、ひらめいたことばを入れてみましょう。

現在、エンパレットは、400を超えるライブラリーです。日々加わっていきます。リソースとして自由に活用してください。

また、英語サイトは、日本語の読者にもわかりやすいように制作(*)しています。新しいコンセプトやアイディアについては、英語で読んでみるとより理解が深まります。ぜひ、あわせてご覧ください。(*Readability わかりやすさの指標をふまえて)

英語サイトでもぜひお読みください。

こちらから

エンパシームへの路

私は、スマホ登場以前より携帯、スマートフォンの発案・開発に関わりました。全世界にむけ、XPERIAシリーズを含む200機種、5億台の商品、技術開発を指揮、事業・経営の責任者をつとめました。私はそこで、技術だけではたどりつけない「人間とテクノロジーの溝」に気づきました。そして、その溝は、人間に備わった力を引き出すことによってしか、克服できないことを痛感したのです。

2012年、米国シリコンバレーにSomniQ, Incを設立して以来、従来とは異なる総合的なアプローチを独自の研究開発によって模索してきました。人間と機械が共に働き、自然な流れをつくることで、ふだんは気づいていない人間の力(声にする、間あいを入れる、相手に共感する)方法「エンパシームメソッド」を、広く活かす方法を追い求めてきたのです。

8年あまりの研究開発・制作をへて、米国、日本で発明特許を取得しました。これにあわせて、音声・言語・心理・哲学の研究をもとに設計、著作・制作を手がけ、私自身の30年余の実体験をもとに構想し、多くの協力・参加をえて実現したものが英プラ、毎プラです。

2020年9月より、エンパシームメソッドに基づく「英プラ」(英語と日々の習慣を身につける)を主宰。英プラをはじめとして、だれもが日々の「小さなプラクティス」で、身近な世界に関わり、助けあうことができます。みんなのエンパシームで社会が変わるー新しいイノベーションをめざしています。

ここ至るまでには、多くの失敗と苦難、そして葛藤がありました。が、エンパシームのおかげで、毎日、じぶんにむけて声にすることで、じぶんの使命に気づきました。それは、現代生活においてこそ、技術と日常の実践をしっかりと結んで、共感のつながる、あたらしい路をひらくことです。「毎プラ」も「英プラ」も、そこから生まれてきたものです。

声のことばが希いになる

実は、私には長い間、じぶんでも気づいていなかった「希い」がありました。
20歳の時、父が病気で不随になり、声を発することができなくなりました。
私は無力感に苛まれながらも、父が他界するまでの5年間、「ひらがな文字盤」を使い、手と息とまなざしで、ふれあうことを学びました。これが「エンパシーム」の原点です。

そのことに気づいたのは、10年前に、姉が急逝したことです。開発した新しいスマホを世にだしている間に、いちばん身近で大切な人がある日突然、消えてしまいました。ネットスマホ社会の「希いの場」という意味あいをこめ、スマホを「エクスペリア」と名づけた自分の思いとは裏腹に、私は何ひとつ、姉の助けになることができませんでした。その喪失感と挫折感に苦しんだことで、私ははじめて「存在のありがたさ」に気づきました。

そして、4年前、母の臨死がありました。前例のない「日々の習慣を身につける社会事業」の応援者であり協力者である母を、いったん失いました。が、救命で蘇生しました。母とわかちあうエンパシームによって、私はじぶんの使命に気づいたのです。

私たちは、じぶんのためにだけでなく、ひとのために生きている。そのことを、そのままじぶんにむかって声にして、語ることばが「私の希い」になりました。

共感の路をひらくために

身をもって、ふれ直し、結び直すことによって、学びのきっかけや行動のチャンスが、さかのぼって、あとから生まれる。
エンパシームは、そのことを実感するための、声のカプセルでもあり、じぶんの身体行為をそっと写す鏡でもあり、それをイメージとことばにして活用できる、媒体です。
ネット・スマホ社会では、多くのテクノロジーやサービスが、対価を直接支払うのではなく、ただで利用し、どこか別の所で、たとえば広告収入などで、そのコストがまかなわれています。そのため、私たちの日常では、一見、ただで情報がいくらでも手に入り、「人とのつながり」も簡単にできるような錯覚があります。
しかし、そのような世界に暮らしながらも、じぶんと身近な人たちとの大切なふれあい、じぶんをふりかえることの切実な意味は、本人の関わるところで、大切にまもられ、活かされることが理想です。また、営利商売の一環としてよりも、互恵協働的でありたいものです。昨今、スマホ・ネット社会の上でAI(人工の知性)がもたらす恩恵や影響が取り沙汰されるようになりました。しかし、私たちにとって、いちばん肝心な問題はかわりません。じぶんをふりかえり、他者と共感しあえる力を育むこと、その力を社会に活かすことです。
だれも、もちろんAIも、じぶんの代わりに生きてくれるわけではありません。だれもがみな、共感しつながりあう存在なのです。
それを根本的な原理として、エンパシームは創造されました。「エンパシーム」は発明特許技術に基づくものです。これを非営利の財団法人の活動と運営のために無償で提供し、広く利用・活用してもらうことによって、「共感の路」をひらくことになると信じています。
微力ながら、私がこれまで開発、制作してきたもの公開します。また、私自身が学んできた先人のことばや、思索・研究や先進技術との架け橋になることを願ってヒントになるようなエピソードや、インスピレーションの湧くようなユニークなストーリーを日々、提供してまいります。

エンパシームファウンデーション代表 / エンパレット著者坂口 立考