なりきりコース トレイル2 Seed Pattern Practice (45) Begin with a smile.

[プラクティスのポイント]

トレイル 2のテーマSeedでやりとりの場を想像するプラクティス。
挿絵にある情景、身振り手振りの空間をイメージしてみましょう。
セリフをアウトプットしながら想像することでセンスが身につきます。
いっしょにやって想像をはたらかせてみましょう。
そのあとでエンパレットのツボノートをみて復習しましょう。

[ニュアンスを日本語で]

はじめに、テクストや、日本語の意味をみないでプラクティス。
なれた後に、雰囲気のイメージを結びつけてみましょう。


笑顔で始めること。
何の話?

**
最終地点のことを念頭に始めることよ。
わかった。心がけるよ。

***
つながりを感じることが人生の秘訣。
平和は笑顔から。でしょ?

[ツボノート]

始まる(始める)、とまる(とめる)、終わる(終える)と いった、ものごとの動き、状況を表現することば。

テーマ (45)の中に、こんな対話が出てきます。

Can I use the verb “begin” instead of “start”?
(動詞で、start のかわりに、beginを使えますか?)

No, not always.
(いや、いつもというわけではないよ)

beginとstartは、どちらも使える場合もありますが、そうでない場合もあります。

ととえば、以下のようなケースです。ものや機械は start.

start the computer (begin the computer とは言わない)
start the fire (begin the fire とは言わない)
start a business (begin a business とは言わない)

一方、以下のような時は、どうでしょうか。

I quickly began to make a sandwich. (さっそく、サンドイッチづくりにとりかかった)

I finally began to understand what was going on. (ようやく、ことの次第がわかりはじめた)

beginのかわりにstartでもだいじょうぶです。

startのほうが幅が広いですが、慣用的に beginをつかうセリフがあう場合もあります。

テーマカードのシードをそのまま身につけておくと便利です。